informationimg

インフォメーション

北野美術館について

kitanobuilding

北野美術館は、北信濃の山塊に囲まれた善光寺平、長野市の静かな郊外にあります。建物は、建築家・吉村順三氏の設計に拠るものです。
 所蔵品は、日本画・洋画・彫刻・書跡・工芸品など600点余におよび、これらを季節毎に架け替え、明治から始まる近代日本美術の姿と共に、泰西の名画と彫刻の秀作を展示しております。

museum

 北野美術館は昭和43年(1968)3月に開館、はや40余年の歴史を有している。開館の頃、信州、長野県下には美術館は決して多くはなかったが、現在では国内でも有数の美術館の多い地域となっていて県下で私立としては始めての美術館の果たしている役割は大きい。開館時に指導にあたられていた河北倫明先生(故人)は、この地方の美術館の脈流に触れ、そして「美術館施設の増加充実はそうした下地を温かく刺激することになるであろう」と指摘されたが、その言葉どおりの現状となった。こうした状況が形成されるには、北野美術館の存在と、その活動とが果たした役割は大きかったに違いない。近年は、すぐれた美術品は公共の文化財であり、私蔵されることなく、公開されて、文化的芸術的充足感を共有するべきであるとの意識が一般的にも高まってきているが、北野美術館はいち早くそれを実行されたのであった。
 北野美術館のコレクションは、北野家の父子2代の多年にわたる収集品がその基礎となり、その後も着実に積み重ねられてきている。コレクションは公私を問わず基本的にはそれに携わる個人の思想や審美眼から始まり、発展するものであるが、私的なコレクションは公的なそれに比すればはるかに自由と柔軟性をもっている。北野コレクションもまた、古美術から現代美術まで領域は広く、分野も多岐にわたっている。そうしたなかで中核をなしているのは日本の近代絵画である。日本画の竹内栖鳳、上村松園、下村観山、菱田春草、速水御舟、鏑木清方、伊東深水などの作品があり、洋画ではルノワール、シャガール、ボナール、ピカソと言った世界的な名画及び木村荘八、小出栖重、岡鹿之助などがある。また近代彫刻、さらには武具類など、鑑賞者の自由な好尚に対応できる幅の広さである。こうしたこの美術館の特色が生かされて、これからも信州文化の充実発展に寄与していくにちがいない。

美術評論家
陰里 鐵郎

本館開館のご案内